空に溶ける夕陽を背に、僕はひたすら新村あかりに犯され続けたかった。